留学先のアメリカでは、中古住宅の取得が一般的で、建物をしっかりと維持して永く使うという考えが浸透しています。また、築年数は古くとも、趣のある魅力的な建物が数多くあります。そういった建物やその根底にある考え方に惹かれたことが、管理会社を目指すきっかけとなりました。そして数ある管理会社の中でも、伊藤忠アーバンコミュニティは特に「資産価値の維持」に対する意識が高いと感じたため入社を決めました。
マンション管理や営業、グループ会社への出向を経て、現在は分譲マンショングループ全体を統括するセクションに所属しています。グループ全体の事業計画策定、予算や業績の管理、そしてマンション管理に関する新規事業の検討・推進などが主な業務です。また、全社横断での取り組みとして「働き方改革」を進めており、私は検討委員の一員として社内の新制度の立案・検討・推進をおこなっています。

業務統括室はグループ全体の方針を左右する部署になり、自分が携わった計画に従って組織が動くので責任重大です。しかし、その反面非常にダイナミックでやりがいの大きい仕事だとも感じています。新規事業の検討に関しては、さまざまな業種の方々と協業しながらプロジェクトを進めるので視野が広がり、とても刺激的です。今までの仕事とは一味違う新たな魅力を感じています。

Q
印象に残っているエピソードは?

入社二年目の営業時代に、お客様から「よくやってくれているから管理委託費を値上しても構わない」と言われたことがとても印象に残っています。自分のやっていることに自信が持てるようになった出来事です。

Q
伊藤忠アーバンコミュニティの強みや、いいなと思うところは

経営層や管理職との距離感が非常に近く、誰でも萎縮せずに意見を言えるところです。業務改善等の意見がある場合は、若手社員からの意見でも管理職や経営層がしっかり聞いてくれます。

Q
将来挑戦してみたいことは?

直近の課題はITに関する知識の習得です。マンション管理の知識・経験にIT技術を組みわせることで、業界の新たなスタンダードとなるような仕組みを作り、よりよいマンション管理を実現させたいと思っています。

8:00
出社後、メールチェック、
会議・打合せ等の資料確認
10:00
取引先訪問。検討中の事業打合せ
13:00
帰社後、資料作成
15:00
社内ミーティング
事業計画の進捗状況確認
18:00
業務を終え、帰宅

CAREER

  • 2011営業部(マンションプランナー)へ配属
  • 2015伊藤忠都市開発株式会社へ出向
  • 2018出向解除、業務統括室へ配属