建物に興味があったので「管理会社で建物に関わりたい」と思っていたこと、そして会社説明会でとても良い印象を持ったことが入社を決めた理由です。会社説明会に参加した際に先輩社員の方と話す機会があったのですが、みなさんとても話しやすくて、社員同士も仲がよくて、それがきっかけでこの会社を選びました。 私が携わっている「リーシング業務」は、賃貸マンションを所有するオーナー様の代理として、空室のお部屋の入居者を募集することがメインの業務になります。空室が発生した近隣の募集状況や成約物件のマーケットを把握したうえで、最適な賃料・条件をオーナー様にご提案し、それをもとに入居希望者を募集、契約締結までをサポートします。

家賃相場は空室が発生した時期や地域によって変動しますので、丁寧にリサーチを行い、オーナー様に納得してもらえるようにプレゼンテーションする必要があります。また、空室期間は賃料収入がゼロになる(損失が発生する)ので、その期間を可能な限り短くするために、社内の他部署とスピーディに連携することも必要となります。 自分だけで完結させることが難しい業務ですが、自分の提案がきっかけですぐに入居者が決まった時は、とても気分がいいですね。高い稼働率を維持し続けることはもちろんのこと、オーナー様と密にコミュニケーションを取り合い、良好な関係を築きながら信頼を深めていくというプロセスも、この仕事の大きな喜びです。

Q
印象に残っているエピソードは?

オーナー様とじっくり話し合いながら、入居条件の見直しを丁寧に提案したこと、それがもとで入居者が速やかに決まったことです。そして契約締結後にいただいた「提案してもらえて良かった」という一言が印象に残っています。

Q
伊藤忠アーバンコミュニティの強みや、いいなと思うところは

総合不動産管理のため、ビル・賃貸・分譲それぞれの強みがあり、そのそれぞれの強みを活かして協力しあえる会社です。社員同士はもちろん、役職者の方とも話しやすい雰囲気があり、相談や報告が密にしやすいです。

Q
将来挑戦してみたいことは?

他部署に異動し、賃貸マンションに関する様々な知識や経験を深めていきたいです。将来的にはオーナー様から、「賃貸マンション管理のプロフェッショナル」と思われる存在になっていきたいと考えています。

9:00
出社後、メールチェック
10:00
課会・共有事項の確認
13:00
業者訪問・担当物件エリアマーケット についてヒアリング
15:00
書類確認・オーナー様へご連絡
18:00
帰宅