伊藤忠グループの一員であるため、管理会社という枠にとらわれることなく、幅広いビジネスに取り組むチャンスがあると思い入社を決めました。実際に入社してみてまさに期待通りだと感じています。自分から動けば業務外のこともできますし、通常の管理会社ではできない経験も得られます。
現在の仕事は、本社のある「野村不動産日本橋本町ビル」を中心としたオフィスビル6棟のプロパティマネジメント業務です。簡単に言えば「入居テナントの総合窓口」ですが、時にはビル全体の価値向上・維持のための施策を提案し、ソフトとハードの両面からビルの運営を担っています。また、2019年7月からチーム長となったので部下の業務相談にも乗っています。仕事やチームを俯瞰する立場は、自分にとって新しいステージだと思っています。

社外でも社内でも、相手が求める以上の対応をすることで「そこまでやってくれて、ありがとう」と感謝の言葉をいただき、そこから人として信頼されるようになることが非常に大切だと思っています。言われたことをやるのは当然ですが、そこから「どうやって自分色の付加価値を提供できるか?」を常に考えるようにしています。プロパティマネージャーは、オーナーやテナント、その他の関係者も含めすべての人を結ぶ立場なので、自分から物事を発信できる面白さがあります。また、仕事のやり方に正解はないのでゴールへの道筋を臨機応変に模索し、実現していくことにやりがいを感じています。それから、信頼してくれた相手との食事、お酒は格別ですね。

Q
印象に残っているエピソードは?

某スーパーマーケットの案件で、様々な法令が関わる中、オーナーとテナントの意向が噛み合わず、交渉が難航しました。こちらがみずから前面に立って粘り強く調整したことと、最後にオーナーやテナントから感謝されたことは特に印象的な思い出です。

Q
伊藤忠アーバンコミュニティの強みや、いいなと思うところは

年齢や世代に関係なく自由に意見を言えますし、相談すればみんな親身に話を聞いてくれます。また、「こうしたい!」ということがあれば、その意見を尊重してくれます。柔軟な考えの人が多い会社ですね。

Q
将来挑戦してみたいことは?

ビル管理だけでなく、近隣との橋渡しも含めその土地に根付いた唯一無二のビル運営を提案・実現できるようになりたいです。また、機会があれば海外でのプロパティマネジメント業務にもトライしてみたいです。

8:30
子どもを保育園へ送りとどけ、
出社後メールチェック
10:00
新規受託する物件について、
他部署交えて打ち合わせ
13:00
入居テナント訪問し賃料値上げの交渉
16:00
オーナーとの定例会(リーシング会議、
直近工事について、来期予算等)
19:00
業務を終え帰宅。子どもと一緒にお風呂タイム

CAREER

  • 2012受託推進課からプロパティマネジメント課へ移動
  • 2014オフィス・商業担当から、物流担当へ
  • 2017伊藤忠商事出向
  • 2019オフィスチーム長として、本町ビル等を担当